COMPANY

会社メッセージ

「売れる仕組みを数理的に科学する」

近年、情報処理技術や情報プラットフォームは格段に進化してきました。
1人1台、手のひらサイズで世界とリアルに繋がる情報端末が当たり前となり、居ながらにして大抵の情報はストレスなく取得できる世の中になりました。
しかしながら、そうした技術進化は「売れそうなものを作って(or仕入れて)、買ってくれそうな相手を見つけて、それを売る」という、当たり前な商習慣サイクルの1つ1つのプロセスを多少なりとも短くする事への助けとはなったものの、抜本的なイノベーションを促すまでには至ってはいません。
また、本来、「売れる仕組み」の中での「人」の介在価値は、購入する必要があるものを買い手側に気づかせてあげて、その背中を心地よく押してあげるという、非常に創造的であり、人間的な仕事であるハズにも関わらず、その醍醐味に、例えばお客様の一番近くにいるだろう営業マンが触れられる時間や、その力を磨ける時間はあまりにも少ない現状があります。
お客様1人1人に寄り添う時間よりも、無駄かもしれないリストアップをしたり、徒労に終わる可能性の高いアポを取ったり、同じような資料をいくつも作成したり、報告の為だけの報告書類をせっせと作成したりと、結果として単に浪費しているかもしれない時間は計り知れません。



そうした中、これからますます進化するだろう情報技術を十分に活用しつつ、営業シーンに見られるこうした“不”を、ある程度の時間軸の中で段階的にでも解消してゆきたい、というのが我々の想いであり、成し遂げたい世界観です。
そして、その結果として“営業”としての飛躍的な生産性の向上の獲得と、“営業”の中で大切にすべきコアとなる“人の介在価値”の明確化とに微力ながらも貢献してゆきたいと考えています。